Consulting

サイデラ・マスタリングでは、最新のテクノロジーと創立以来長きにわたり培ってきた知識と経験を基に各種製品企画・開発協力、ブランディング戦略立案、録音制作等のご相談、スタジオ・コンセプト設計、音楽・音響に関するレクチャー等も業務としています。


 

KORG Nu I
 


製品ページへ
 

誰も届かなかった、DSDの未踏の領域へ。
 

DSDを手軽に聴く。DSDでパソコンに録音する。DS-DACシリーズで実現してきた新しいDSDの楽しみ方は、このNu Iによって全く別の次元へと進化します。 

DSD11.2MHz録音、MCカートリッジ対応のフォノ・アンプ、バランス入力などレコーディングに関する新機能 / 装備の搭載に加え、バランス・ヘッドホン出力端子、トロイダル・トランス電源の採用など、リスニングにも最大限に配慮。そしてNu I最大の特徴は、これまで頑なに「原音の再現」にこだわってきたコルグが、オーディオ・カテゴリー製品で初めて「コルグだけが出せる音」に挑戦したことです。 

コルグとノリタケ伊勢電子(株)が共同開発した新世代真空管「Nutube」による温かみのあるサウンド、オノ セイゲン氏がプロデュースしたDSDで遊べる「S.O.N.I.C.リマスタリング・テクノロジー」を搭載したオーディオ・ドライバー、これに加えてNu Iを最大4台まで同期しての8チャンネル・マルチDSD録音など、独自技術を惜しみなく投入し、DSDで聴くこと、録ることの楽しさを追求しました。 

このUSB DAC / ADCだけが実現できる、DSDの新たな世界。コルグNu I。

*以上、製品紹介ページより引用
 

外部記事リンク

 
・DSD 11.2MHzで聴いて、録れる。現代の万能デジタルデバイス、コルグ「Nu I」の魅力に大接近(前)“こんな画期的な製品は、如何にして生まれたのか?” (STEREO SOUND ONLINE)
 
・NutubeとDSDリマスタリングでピュアオーディオに挑む、コルグ「Nu I」(AV Watch)
 
・DSD“リマスタリング”の効果は絶大! KORGのNutube搭載DAC「Nu I」はマニア心くすぐるオーディオ機器だ(PHILE WEB)


 

SHIZUKA SDM
 


製品ページへ
 

SHIZUKA SDMは、

 
SHIZUKA SDMは、 SHIZUKA Stillness Panelと同等の吸音性能ながら軽く(価格も軽く)自立できる仕様で様々な現場で使用できます。プライベートスタジオ、ステージ、ライブレコーディング現場、ロケ現場で仮設アナウスブースやパーテーションなども容易に組めます。現場で不要な反射音、響きを圧倒的に少なくします。

特徴・性能
・SHIZUKA Stillness Panelと同じ吸音効果の高い発泡樹脂を採用
・特許構造・ハニカム構造体による高い強度を実現、自立できる仕様が登場!
・アルミパネル、フロントパネルの簡略化により、簡単に持ち運べる軽さを実現
・アルミパネル、フロントパネルの簡略化により、みなさまの期待の価格を目指しました

 

SHIZUKA Stillness Panelの特徴は、

 
音の響きを的確にコントロールすることが求められる音楽スタジオ、オーディオルームは、正確なモニター環境を構築するために、吸音・反射・遮音をバランスよくコントロールする必要があります。SHIZUKA Stillness Panelは、現場の経験豊かなレコーディング/マスタリング・エンジニア、ミュージシャン等をアドバイザーに迎え、プロの音楽制作現場から生まれた、遮音/吸音特性を最大限に生かして開発された音響パネルです。吸音効果や遮音性を的確にコントロールすることで、音楽スタジオ、オーディオルーム、ライブ会場など現場で求められる静寂と理想的な音響空間を簡単に実現します。 

 

SHIZUKA Stillness Panel、SHIZUKA SDMは、

 
どちらもサイデラ・マスタリングで体験できます。
メーカーはこちら
(株)静科
https://www.hitori-shizuka.jp
 
デモ用パネルを貸し出し希望の場合はこちらからご連絡ください。
https://www.hitori-shizuka.jp/contact-us
 

外部記事リンク

 
・InterBEE 2018 #2313「SHIZUKA」ブース「VRの音=イマーシブ・オーディオとは」


 

 

TOP